『私はデザイナーではない』、『僕はデベロッパーではない』、『俺はコードが書けない』といったことを耳にするが、それらすべての発言に対して言いたい。

それは正しくない!

自分ができないことに対して1週間の時間を与えたら、1週間後、自分が『xができない』と言わなくなることを保証しよう。

まじめに言うと、あるデベロッパーが『やべ、俺デザインできねーわ!』と言ったのならば、それは逃げであると私は解釈している。『デザイナー』も『デベロッパー』も元は同じ人間である。彼(女)らを分け隔てているものは、彼(女)らが自ら定義したラベルでしかない。また技術というのはその技術を求める誰もが習得できるものである。

Oh, I’m not a… | en.ja Article (via tomohiro)
本来、株式会社や有限会社の経営者は、「有限責任」といって、万一事業に失敗しても、会社につぎ込んだ資金を失えばそれでオシマイのはず。
それを、個人に責任転嫁して、執拗に責任追及するのが現在の日本の連帯保証人制度。 まるで江戸時代の封建制度そのまま。 株式会社という制度の本来のあり方と、大いに矛盾している。
連帯保証人について (その1 - 2001年メルマガより抜粋) (via nagas)
To Tumblr, Love Pixel Union